沖縄長生薬草本社の「春ウコン」

春ウコンはショウガ科に属する熱帯性の多年草です。その歴史については、約3000年前王家への献上品だったとか、10世紀あたりにはウコンに関する記述のみられる書物も見つかっているようです。
4月から5月にかけて春先に花をつける「春ウコン」は、正式名称を「キョウオウ」といい、美しいピンク色の花を咲かせます。根茎の切り口は濃い黄色で、そのまま口に入れると苦みが強く食用には不向きなのですが健康維持として使われています。春ウコンには、秋ウコンに少ない「精油成分」、「ミネラル」が豊富にふくまれているのが特徴です。 精油成分は殺菌作用が強く胃の健康を守り、抗酸化作用が強いといわれています。肝臓だけでなく、胃腸の健康も維持したい方におすすめします。
数年前より癌や糖尿の治癒に効果があったとされているのはこの春ウコンです。・・・沖縄長生薬草本社IMG_5542 IMG_5543HPより