第211回放送 曲のテーマは・・・・平成最後の夏の終わりに

マンマ話 質問 「がんサバイバーって何ですか?」

サバイバーとは直訳すると「生存者」「生き残った人」という意味です。
がんに関していうと 「サバイバー」は、がん治療を乗り越えた人やがんを治療しながら頑張って生活している人のことを意味します。

「がんサバイバー」は乳がん、胃がん、すい臓がんといった罹患(発症)したがんの種類に関わらず、すべてのがん患者さんに対して使われる言葉です。

現在日本では2人に1人が一生のうちに何らかのがんに罹患します。早期発見と医療の進歩により 「がん=死」 ではなく、多くのがんにおいて、そのイメージが不治の病から、長く付き合っていく慢性疾患のような状況へと変化しています。私たちの周りにもがんサバイバーが増えています。

しかし、がんの治療をひと通り終えて日常へ復帰しても再発への不安、就労の困難など身体的・精神的・社会的問題を抱えてしまう状態は変わっておりません。多くのサポートが必要です。このようながんサバイバーの方を支える全ての人(サバイバーの家族や遺族・支援する人・介助する人)を「ケアギバー」と呼んでいます。

この記事は下記の番組より投稿しております。

かなめとふみのマンマるトーク
第2・4・5火曜日20:00~20:50

かなめとふみのマンマるトーク

FM21をキーステーションにFMレキオ・FM本部・FM久米島四局同時放送でお届けしています。
close Modal